検索:
fomo とは 仮想 通貨k8 カジノArm版Windowsがパワフルに動く「Snapdragon 8cx」で「Windows on Snapdragon」は離陸するか仮想通貨カジノパチンコp ベルサイユ の ばら 革命 へ の 序曲 ma

fomo とは 仮想 通貨k8 カジノArm版Windowsがパワフルに動く「Snapdragon 8cx」で「Windows on Snapdragon」は離陸するか仮想通貨カジノパチンコp ベルサイユ の ばら 革命 へ の 序曲 ma

fomo とは 仮想 通貨k8 カジノArm版Windowsがパワフルに動く「Snapdragon 8cx」で「Windows on Snapdragon」は離陸するか仮想通貨カジノパチンコp ベルサイユ の ばら 革命 へ の 序曲 ma

ファン 感謝 デー 静岡 景品k8 カジノ

dead space 3 セーブスロット 破損 米Qualcommは12月6日(現地時間)、米ハワイ州マウイ島で開催されていた「Snapdragon Tech Summit 2018」において、PC向けSoCの最新版「Snapdragon 8cx」を発表した。2017年12月に同社が提供するSoCをコアにした「Windows on Snapdragon」が発表されたとき、そこで採用されていたのはスマートフォンやタブレット向けと同じ「Snapdragon 835」だった。

 2018年6月のComputex Taipeiで、同社としては初のPC向けをうたう「Snapdragon 850」が発表されており、8cxはPC向けSoCとして2世代目にあたる。

 わずか半年での新製品リリースとなるが、Qualcommによれば開発計画自体は2015年ごろからあったと説明しており、その背景には「(Armコアを使って)PC市場に本気で長期的に取り組む」というMicrosoftとQualcomm両社による強い意志が見え隠れしている。

SnapdragonPC向けにパフォーマンスを大幅に強化した「Snapdragon 8cx」が登場

 今回はこの「8cx」の話題に触れつつ、Windows on Snapdragon、引いてはWindows+Armのエコシステムにまつわる最新事情について考えてみたい。

2世代目で性能がジャンプアップ

 同Tech Summitのイベントで発表された「Snapdragon 855」については別レポートを参照してほしいが、こちらはスマートフォンやタブレットだけでなく、PCを含むスマートデバイス全体を想定しており、特に業界としても初となる“5G対応”が前面に押し出されている。

 一方の8cxでは、基本処理ブロックは855と共通点が多いものの、モデムが5G対応の「X50」ではなくLTEベースの「X24」となっている他、プロセッサコアが「Kryo 495」と855の「Kryo 485」と比較してグレードが1段階上に設定されている。

 さらに、I/Oやセキュリティー回りでよりPC向けのチューニングが行われている。具体的には、今回のSnapdragon 855で初めてWindows 10 Enterprise(およびEducation)への対応がうたわれており、ここをセールスポイントとしている。Windows 10 ProとEnterpriseの差異はいくつかあるが、そのうちの1つにWindows Defender Credential GuardやWindows Defender Application Guardといったセキュリティー機能への対応がある。両機能での要求仕様に「Trusted Boot」や仮想化技術の「Intel VT-x、AMD-V、SLAT」への対応が明記されており、このうちArmアーキテクチャでサポートされるSLAT(Second Level Address Translation)対応がポイントになるのではないかと考える。いずれにせよ、企業向けの展開を念頭に置いたチューニングが施されていると考えておけばいいだろう。

SnapdragonSnapdragon 8cx(左)とSnapdragon 855(右)を並べてみた。パッケージサイズの違いに注目だSnapdragonSnapdragon 8cxのビルディングブロック。ダイ画像がないため個々のサイズの違いは不明だが、855と名称が同じコアながら、演算ユニットなどが追加されていると推測できる

 PC向けをうたうQualcommのSoCとして、8cxは850に続く2世代目の製品となるが、明確に異なるのは、ライバルとしてIntel製品をターゲットに入れていることだ。そして、過去のWindows on Snapdragon製品が市場ではまだ広く受け入れられていないことを認識してか、弱点と指摘されてきた部分を補強すべく、さまざまな施策を前面に押し出している。

 そのうちの1つがパフォーマンスで、CPUコアでのキャッシュ増量やI/Oの高速化によって、より高速処理が可能になるという。もともと835を含むSnapdragonのハイエンドモデルは、スマートフォンやタブレット搭載を想定して最大5W程度のTDPを動作レンジとしており、これはIntelのモバイル向けYプロセッサに相当する。

 一方で、今回の8cxではライバル製品として最大15Wの動作レンジが掲げられており、これはIntelでいうUプロセッサに相当する。つまり、従来のWindows on Snapdragonは薄型軽量でやや非力なノートPCという体裁だったものが、8cxの世代ではノートPCでもメインストリームクラスの性能を想定していることになる。

 Qualcommではライバル製品との性能差を比較する際に、ピークパフォーマンスではなく「消費電力あたりのパフォーマンス効率の高さ」を強調する。例えば15W時の動作性能に大きな差はなくても、半分以下の7W時には2倍の性能差をつけることが可能で、消費電力ではさらに差が開くという具合だ。

 ある意味で姑息(こそく)なデータの出し方だが、「ベンチマーク性能で勝つわけではないが、バッテリー駆動状態ではより長時間にわたって動作が可能」という、Windows on Snapdragonの「Always Connected PC」という特徴をより際立たせている。

 8cxが対応するのはLTE規格までで、5Gへの対応はうたわれていないが、5Gも当初は「(従来製品よりも)バッテリー消費が激しい」というデメリットを抱えて製品が市場投入されることになるため、バッテリー駆動時での継続動作を主眼とするAlways Connected PCとの相性は悪い。製品の特徴を端的に表したプロモーションと言えるかもしれない。

SnapdragonSnapdragon 855とは明確に異なる部分で強調されているのがCPUコアの「Kryo 495」。推測になるが、システムキャッシュ増量に加えてコア自体のチューニングが行われ、ダイサイズの増大に影響しているのではないかと考えるSnapdragonおそらくIntelのUプロセッサと思われるライバル製品との比較。ピークパフォーマンスの比較ではなく、低消費電力動作時のパフォーマンスや消費電力全体の比較になっている対Intelをより明確にしたSnapdragon 8cx仮想通貨カジノパチンコマルハン 相模原 抽選 時間

fomo とは 仮想 通貨k8 カジノレノボ、コンシューマー向け2in1 PC「YOGA 910」「ideapad MIIX510」を発売 Web直販はよりハイスペックな構成に仮想通貨カジノパチンコリ ゼロ ポイント 6

fomo とは 仮想 通貨k8 カジノレノボ、コンシューマー向け2in1 PC「YOGA 910」「ideapad MIIX510」を発売 Web直販はよりハイスペックな構成に仮想通貨カジノパチンコリ ゼロ ポイント 6

fomo とは 仮想 通貨k8 カジノレノボ、コンシューマー向け2in1 PC「YOGA 910」「ideapad MIIX510」を発売 Web直販はよりハイスペックな構成に仮想通貨カジノパチンコリ ゼロ ポイント 6

鬼武 者 3 アプリk8 カジノ

スロット イベント 情報 レノボ・ジャパンは1月17日、コンシューマー向け2in1 PC「Lenovo YOGA 910」と「Lenovo ideapad MIIX510」を1月20日に発売することを発表した。

(記事中の価格はすべて税別)

Lenovo YOGA 910

 YOGA 910はコンバーチブルタイプの2in1 PCで、「Lenovo YOGA 900」の後継機種となる。第7世代Core iプロセッサ(Kaby Lake)を搭載し、高級感のあるスリムな金属ボディーが大きな特徴だ。ボディーカラーはプラチナシルバーとシャンパンゴールドの2色で、Web直販価格は15万5500円からとなる。

Lenovo YOGA 910(プラチナシルバー)Lenovo YOGA 910(プラチナシルバー:写真はUSキーボードだが、製品版では日本語キーボードとなる)Lenovo YOGA 910(シャンパンゴールド)Lenovo YOGA 910(シャンパンゴールド:写真はUSキーボードだが、製品版では日本語キーボードとなる)

 店頭販売モデルは、CPUにCore i5-7200U(2.5~3.1GHz)を採用。8GBのメインメモリ(DDR4、オンボード)と256GBのSSD(PCI Express接続・NVNeタイプ)を搭載する。ディスプレイは13.9型IPS液晶(光沢あり、マルチタッチ対応)で、解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)となる。先代と比較して画面サイズは大きくなったが、狭額縁デザインとすることで、ボディーサイズはわずかに小さくなっている。OSはWindows 10 Homeで、Office Home & Business Premium(Office 365サービス付き)を付属している。

 ボディーサイズは323(幅)×224.5(奥行き)×14.3(高さ)mmで、重量は1.38kg。バッテリーの駆動時間はJEITA 2.0基準で15.9時間(フルHD液晶モデル)または11.5時間(4Kモデル、後述)だ。

 端子類はUSB 3.0 Type-C×1(HDMI出力兼用)、USB 2.0 Type-C(Power Delivery対応)、USB 3.0 Type A×1(Powered USB対応)、イヤフォンマイク×1を備えている。充電用アダプターはPower Deliveryに対応するUSB 2.0 Type-C端子に接続する。

 ステレオスピーカーはJBL(Harman)製で、「Dolby Audio Premium」によるサウンド拡張に対応している。パームレストにはタッチ式の指紋認証センサー(Windows Hello対応)を内蔵している。

Web直販モデル

 Web直販では、以下の3種類の構成を選択できる。

構成1:選択できる。店頭販売モデルと同一スペック構成2:CPUをCore i7-7500U(2.7~3.5GHz)に強化構成3:構成2をベースに、メインメモリを16GB、SSDを512GB、ディスプレイ解像度を4K(3840×2160ピクセル)に強化

 いずれの構成もプラチナシルバーとシャンパンゴールドの2色を用意している。ただし、店頭販売モデルとは異なり、Officeは付属しないことに注意しよう。

Lenovo ideapad MIIX510

 Lenovo ideapad MIIX510は、キーボードを取り外せるデタッチャブルタイプの2in1 PCで、第6世代Core iプロセッサ(Skylake)を搭載している。「ideapad MIIX700」と「ideapad MIIX 310」の中間モデルという位置付けだ。Web直販価格は12万5000円からとなる。

Lenovo ideapad MIIX510Lenovo ideapad MIIX510(写真はUSキーボードだが、製品版では日本語キーボードとなる)

 店頭販売モデルは、CPUにCore i3-6100U(2.3GHz)を搭載するモデルと、Core i5-6200U(2.3~2.8GHz)を搭載するモデルの2種類を用意する。メインメモリは4GB(DDR4、オンボード)、SSDは128GB(Core i3モデル)または256GB(Core i5モデル)を搭載する。SSDは両モデルともにPCI Express接続のNVMeタイプとなる。ディスプレイは12.2型のIPS液晶で、解像度はWUXGA(1920×1200ピクセル)となる。デジタイザーペン「Active Pen」に対応しており、本体に1本付属している。OSはWindows 10 Homeで、Office Home & Business Premium(Office 365サービス付き)を付属している。

 端子類はUSB 3.0 Type-C×1(HDMI出力兼用、Power Delivery非対応)、USB 3.0 Type A×1、イヤフォンマイク×1、電源入力×1を備えている。

 本体の単体サイズは301.9(幅)×203.1(奥行き)×10.1(高さ)mmで、重量は880g。キーボード装着時のサイズは303.9(幅)×205.1(奥行き)×16.1(高さ)mmで、重量は1.26kg。バッテリーの駆動時間はJEITA 2.0基準で5.1時間となる。

Web直販モデル

 Web直販でも、Core i3とCore i5の2モデルを用意している。ただし、店頭販売モデルと以下の点が異なる。

両モデル共通:Officeが付属しないCore i3モデル:SSDを128GB→256GBに増量Core i5モデル:メインメモリを4GB→8GBに増量関連キーワードレノボ | Lenovo YOGA | 2in1 | 直販限定モデル仮想通貨カジノパチンコ花園 中継

業界連盟:k8 カジノ オンカジ エルドア k8 カジノ 無料 パチンコ アリア 新台 k8 カジノ パチンコ k8 カジノ パチンコ k8 カジノ パチンコ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap