検索:
cr ブルーハーツk8 カジノドスパラ、第7世代Coreプロセッサ採用の“FF XIV”“ドラクエX”推奨PCを発売仮想通貨カジノパチンコバトル ライン ブラウザ

cr ブルーハーツk8 カジノドスパラ、第7世代Coreプロセッサ採用の“FF XIV”“ドラクエX”推奨PCを発売仮想通貨カジノパチンコバトル ライン ブラウザ

cr ブルーハーツk8 カジノドスパラ、第7世代Coreプロセッサ採用の“FF XIV”“ドラクエX”推奨PCを発売仮想通貨カジノパチンコバトル ライン ブラウザ

仮想 通貨 マイニング 方法k8 カジノ

パチスロ 聖 闘士 星矢 解説 ドスパラは1月17日、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズのラインアップに「ファイナルファンタジーXIV」「ドラゴンクエストX」推奨の新構成モデルを追加、本日より販売を開始する。

photoGALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XT/同 XF/同 XG

 いずれもプロセッサとして最新の第7世代Coreプロセッサを、グラフィックスカードとしてGeForce 10シリーズを搭載したモデル。ラインアップは、Core i7-7700/GeForce GTX 1060搭載の「GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XT」「GALLERIA ドラゴンクエストX 推奨パソコン XT」、Core i7-7700/GeForce GTX 1070搭載の「GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XF」「GALLERIA ドラゴンクエストX 推奨パソコン XF」、Core i7-7700/GeForce GTX 1080搭載の「GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XG」「GALLERIA ドラゴンクエストX 推奨パソコン XG」の3構成計6モデルを用意している。

 標準構成価格は“推奨パソコン XT”モデルが14万4980円、“推奨パソコン XF”モデルが16万4980円、“推奨パソコン XG”モデルが20万4980円だ(いずれも税別)。

関連キーワードGALLERIA | ファイナルファンタジーXIV | ドラゴンクエストX仮想通貨カジノパチンコ最新 ニュース エンタメ

ブラック ジャック 計算 アプリk8 カジノGPD、7型ディスプレイ搭載UMPC「GPD Pocket2」の仕様を一部改訂仮想通貨カジノパチンコビット コイン 相場 予想

ブラック ジャック 計算 アプリk8 カジノGPD、7型ディスプレイ搭載UMPC「GPD Pocket2」の仕様を一部改訂仮想通貨カジノパチンコビット コイン 相場 予想

ブラック ジャック 計算 アプリk8 カジノGPD、7型ディスプレイ搭載UMPC「GPD Pocket2」の仕様を一部改訂仮想通貨カジノパチンコビット コイン 相場 予想

ネム 円k8 カジノ

バイナンス 両建て リンクスインターナショナルは12月10日、GPD製のウルトラモバイルPC「GPD Pocket2」仕様改訂モデルの取り扱いを発表、12月10日から販売が開始される。価格はオープン。

photoGPD Pocket2

 11月から一般販売が開始されていた従来モデルをベースに、搭載CPUをCore m3-8100Y(1.1GHz、最大3.4GHz)に変更したマイナーチェンジモデルだ。

 その他の基本仕様は従来同様で、1920×1200ピクセル表示対応の7型ワイド液晶ディスプレイを採用し、メモリは8GB、ストレージはeMMC 128GBを内蔵。IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.1、USB 3.0 Type-C×1、同 Type-A×2、microSDスロットなども利用できる。

関連キーワードUMPC | リンクスインターナショナル | モバイルPC仮想通貨カジノパチンコパチンコ リフレッシュ

ジャパン ネット 宝くじ 購入k8 カジノA3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」仮想通貨カジノパチンコビット コイン 最新 予想

ジャパン ネット 宝くじ 購入k8 カジノA3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」仮想通貨カジノパチンコビット コイン 最新 予想

ジャパン ネット 宝くじ 購入k8 カジノA3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」仮想通貨カジノパチンコビット コイン 最新 予想

インター カジノ アカウント 認証k8 カジノ

cr パチンコ 必殺 仕事 人 ブラザーからSMB環境にマッチする新型A3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」が登場した。従来のメインターゲットであるSOHOだけでなく、従業員50名程の中小企業におけるビジネスプリンタに求められるニーズも1台でまかなえるスペックとなっている。

 その進化のポイントはどこにあるのか? 実際の使い勝手はどうか? 詳しく見ていくことにしよう。

SMB環境までもカバーするA3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」をA3インクジェットの伝道師こと小川夏樹氏が徹底分析SOHOだけでなくSMB環境もターゲット

 今回のモデルは、ビジネスインクジェットの“先”を見越したブラザーの意欲的な製品である。そもそも、ビジネス向けのA3インクジェット複合機というのは、ブラザーが創世した市場と言っても過言ではない。2011年に競合がA3対応インクジェット複合機に参入するまでは、ブラザーの独走状態だったのだ。

 その後、A3インクジェット複合機が急速に認知され、一定層のユーザーを獲得する現在の市場へと成長してきたという歴史がある。

 今回投入された新製品は、新たに市場を縦に伸ばすことを狙ったモデルと言っていいだろう。製品の横の広がりがある程度落ち着いて来た現在、今度はターゲットを上位に置いて、そのターゲットのニーズに合致するモデルをリリースしてきたわけだ。これまでA3インクジェット複合機の市場をけん引してきたブラザーだからこその挑戦であると筆者は考えている。

MFC-J6995CDWこれまでのターゲットも逃さない

 これまでブラザーのA3インクジェット複合機の最上位モデルに位置付けられていたのが「MFC-J6973CDW」(以下、J6973CDW)だ。同モデルは、SOHOまでのユーザーをターゲットの中心に置いており、個人ユースから10名未満のSOHO環境にぴったりとマッチするスペックとなっている(ちなみに筆者もJ6973CDWのユーザーだ)。

MFC-J6973CDW。小川氏も仕事場で使っている「個人/SOHO環境に“最強の1台”」

 筆者の個人的な感想ではあるが、これまでJ6973CDWを使い続けてきて不満を感じたことは、ほとんどない。強いて言うなら、プリンタドライバが出すインク切れのメッセージ表示のタイミングが早すぎると感じているところくらいか。

 筆者の主観では「かなり残量が残っているのに……」と少しもったいなさを感じるくらいでアラートが出る。もっとも、ビジネス用途で万が一のインク切れを考えると、このくらいの残量で気がつけるほうが良いのかもしれない。替えのインクがある状態でそのまま1週間近く使い続けても筆者の使い方ではまだ余裕があった。

 あとは、手差しトレイを利用する場合、用紙1枚しか利用できない点だ。ライバル機種では、手差しトレイを兼用の多目的トレイにしており、第3の給紙方法として給紙カセット2段からの2way給紙と多目的トレイからの給紙の計3wayを選択可能だったのにJ6973CDWは1枚しか使えないといった点が不便だと思っていた。

 実際、それ以外で印刷速度や印刷画質等に不満を感じることは、なかったと断言する。現状でも個人/SOHO環境では“最強の1台”と言えるのがJ6973CDWなのだ。

 ただ、もちろんこれは個人/SOHO環境での話だ。使う人がさらに大人数となるSMB環境で使うとなると、J6973CDWでは十分に対応できるとまでは言い切れない。

 そうした環境でも、余裕で対応できるスペックを持つのが今回の新製品たちである。新シリーズのラインアップは、最上位から「MFC-J6995CDW」「MFC-J6980CDW」「MFC-J6580CDW」の3台。これらの位置づけをざっくり紹介すると、低ランニングコストで高PVユーザ-向けの「MFC-J6995CDW」、イニシャルコストを抑えたスタンダードモデルの「MFC-J6980CDW」、コンパクトなサイズを優先した1段トレイモデルの「MFC-J6580CDW」となる。

同じスペースにMFC-J6995CDWをリプレースした

 今回は、最上位となるフラッグシップ機「MFC-J6995CDW」(以下、J6995CDW)を取り上げ、実際の使用感を交えながらその魅力に迫っていく。

J6995CDWは、どの部分が進化しているのか?

 新モデルの最上位となるJ6995CDWであるが、旧モデルのJ6973CDWと比べ、どういった部分が進化しているのだろうか。細かく見ると数えきれないほどだが、大きく分けると以下の3つが特に目を引く。

デザインの見直しインクシステムの進化ハードウェアの改善

ということで、これらの3つのポイントごとにチェックしてみた。

3年振りのモデルチェンジでオフィス環境にマッチ

 一見して分かるのがデザインの変更だ。ターゲットをSMBに置いているためか、これまでのスタイリッシュなカッコイイ系の路線から、オフィス環境にマッチさせるコンサバティブな路線へと大きく舵を切っている。

 例えば、個人のデザイン事務所などに事務機器然とした機械が置かれていると、場違いに目立ってしまうことがあるが、逆に言えば、オフィスの中にやけにスタイリッシュな機械が置いてあっても場違いに見えてしまう。その点、J6995CDWはよりオフィス機器として違和感なくマッチするデザインになった。

 薄いグレーが混ざった白系のカラーリングなので、病院の窓口やホテルのフロントやゴルフ場の受付などに設置しても、しっくりと来る。特に窓口業務への導入となると、スキャン/カラーコピー/プリント/ファクスを本製品1台でまかなえるため、これまで別々の機器で使っていた環境をすっきりさせるのにも役に立つ。

白を基調としたデザインで病院の窓口やホテルのフロントに違和感なくマッチする

 J6995CDWの本体サイズは約575(幅)×477(奥行)×375(高さ)mmで重量は約23.5kgだ。J6973CDWと比べて大きく、重くなっている。さすがに設置するとなると大人の男性が2名は必要となるだろう。

 デザイン変更はされているが、これまでのモデル同様、ほとんどの操作を本体前面だけで行えるフロントオペレーションは健在だ。ただし、新設された多目的トレイは、本体の背面側に設置されているので、その周辺の操作では、背面側に回ることもあるだろう。

 今回、新設された多目的トレイは、J6973CDWでは搭載されていなかった機構だ。これにより、合計の給紙枚数が100枚ほど増えている。

 これまではA4/A3伸縮型給紙トレイが2段、それぞれが250枚用紙を格納できたので500枚。これに手差しトレイの1枚を加えて最大501枚であったが、これが多目的トレイになったことで99枚増え最大600枚給紙と十分な給紙可能枚数となっている。

250枚給紙できるトレイが2段、これに加えて多目的トレイも加わり、用紙対応力がアップした

 デザイン変更で注目したいのが操作パネル部分だ。J6973CDWでは搭載されていなかったハードウェアスイッチが増えている。具体的にはパネルの左側にこれまでなかったワンタッチボタンが復活しているのだ。

操作パネルはハードウェアのボタンが復活。より使いやすさを追求した改善だ

 タッチパネルだった部分をハードウェアスイッチに戻すというのは、使い勝手をきちんと再検討していることの表れと思っていいだろう。新機能を自慢げに搭載するのではなく、使いにくいことが分かれば、思い切って元に戻すことを実行している点で好感が持てる。同様にキャンセルボタンを赤くするといったことも、ちょっとしたことだが、細かな改善点と言えるだろう。

ビジネスで求められる品質を新インクで実現仮想通貨カジノパチンコ無料 ブック パス

ライブ ハウス カジノ 入金 不要 ボーナスk8 カジノ固体酸化物形燃料電池(SOFC)技術〔後編〕注目の集まる家庭用燃料電池の知財動向を読む仮想通貨カジノパチンコパチンコ ライター 優希

ライブ ハウス カジノ 入金 不要 ボーナスk8 カジノ固体酸化物形燃料電池(SOFC)技術〔後編〕注目の集まる家庭用燃料電池の知財動向を読む仮想通貨カジノパチンコパチンコ ライター 優希

ライブ ハウス カジノ 入金 不要 ボーナスk8 カジノ固体酸化物形燃料電池(SOFC)技術〔後編〕注目の集まる家庭用燃料電池の知財動向を読む仮想通貨カジノパチンコパチンコ ライター 優希

投資 仮想 通貨 詐欺k8 カジノ

パチスロ 777タウン 退会 前編では、米欧のSOFC技術開発の経緯を振り返り、海外企業の技術開発と今後の事業開発に注目してみました。後編では、SOFCで家庭用燃料電池を目指す日本企業の技術開発状況と、その事業化競争を見ていきたいと思います。

日本における中小型定置用燃料電池開発への取り組み

 2002年から始まった定置型燃料電池プロジェクトの実証研究*では、自動車用として開発されてきたPEFC(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)の作動温度(80℃)に注目が集まりました。

 これならば家庭の軒先への設置が容易であり、都市ガス/灯油/LPGを改質して得られる水素(H2)が使えるので、PEFCの技術開発競争が一気に加速しました。

*燃料電池プロジェクト 新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)が研究助成を行い、新エネルギー財団(NEF)がデータ評価を行う実証研究。

 燃料(都市ガス/石油)業界が燃料電池に熱心に取り組む背景には、太陽電池まで取り込んだ“オール電化”を目指す電力業界との顧客争奪競争があります。

 電力業界は、冷媒(流体)により大気中の熱をくみ上げて、冷房/暖房に利用する「ヒートポンプ」を電力で稼働させ、家庭のエネルギー需要の全てを賄うオール電化方式で省エネルギーを実現しつつあります。

 これまでガス会社や石油会社の独占していた熱エネルギー供給が、初めて電力会社の攻勢に脅かされ、守勢になりました。

 家庭でのエネルギー用途は、電力(照明・家電)、熱エネルギー(給湯)、空調(冷・暖房)の3つにほぼ等分されています。このため、定置型燃料電池では、電気を得るときの排熱から温水を得る「コジェネレーションシステム(熱電併給)」に仕上げれば、エネルギー効率の大幅向上につなげることができます。

 過去に、SOFCのライバルと見られていたリン酸形燃料電池(PAFC:Phosphoric Acid Fuel Cell、動作温度:約200℃)と、現在もライバルであるPEFCには、反応触媒として白金(Pt)が使われています。燃料中の一酸化炭素(CO)がPt触媒を劣化させるため*、水素製造用の水蒸気改質器以外に、CO除去用のシフト反応器(反応温度:600℃以上)を必要とします。

*Pt触媒を劣化 Pt触媒表面のCO劣化を防ぐため、一般には白金-ルテニウム(Pt-Ru)触媒を用いますが、燃料電池の耐久性を考えるとCO除去用のシフト反応器を必要とします(燃料ガスに求められるCO濃度は10ppm以下です)。

 SOFCでは、COも燃料に利用でき、燃料から水素を製造する水蒸気改質器に必要な熱(600℃以上の高温)も、SOFCそのものから得られる利点があります。また、都市ガス*やLPGを直接燃料電池内に導入し、その内部で改質するため、システムの構造は簡略化でき、発電ユニットも小型化が可能です。

*都市ガスの利用 都市ガスに含まれる付臭剤(有機硫黄成分)を前段の脱硫器で除去してから燃料としています。

 SOFCは貯湯温度が高いため、貯湯ユニットはPEFCの約3分の2にコンパクト化でき、エネルギー効率の高さから電力会社の取り組む「エコキュート」(ヒートポンプ給湯機)に対抗できると考えられ、燃料(都市ガス/石油)業界から急速に注目され始めました。これまでのSOFCは、火力発電の代替や、業務/産業用途を狙った数十kW級のシステム開発が先行しており、しかも作動温度が800℃近い高温になるため、住宅の軒先への設置は難しいだろうと考えられていました。

 こうした中で始まった2008年からのSOFCプロジェクトの実証研究*に、新日本石油(現:JX日鉱日石エネルギー)が灯油やLPGを燃料に使う700Wシステムで参加し、TOTOが都市ガス用2kWシステムで参加したころから、SOFCの技術開発状況に変化が現れ始めました**。

*SOFCプロジェクト 新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)が研究助成を行い、新エネルギー財団(NEF)がデータ評価を行う実証研究のこと。** TOTOは翌2009年から、都市ガス用700Wシステムでの「SOFCプロジェクト」実証研究参加に切り替えています。

定置型家庭用SOFC実証研究

 SOFCの発電効率はPEFCよりも高く、55%に迫ります。しかも、SOFCは高温で運転するため、水素製造用の水蒸気改質器に必要な熱エネルギーを自給でき、燃料電極(アノード)に触媒は不要です。また、PEFCではPt触媒表面を劣化させるCOさえ燃料として利用できるため、経済的に高い潜在力を持った燃料電池といえます。

 SOFCの技術開発は米国が先行していました(前編参照)が、開発当初の作動温度が1000℃付近という高温に起因する技術的課題がありました。日本では10kW級を目指した基礎的な要素技術開発が、1981年からの「ムーンライト計画」でスタートしました。

 中小型の定置用SOFCを目指す海外企業としては、Ceramic Fuel Cells(オーストラリア)、NexTech Materials(米国)が、家庭用を目指す可能性のある企業としてBloom Energy(米国)がそれぞれあり、それ以外に、欧州や米国には大型SOFC計画のあることは前編で紹介した通りです。

 しかしながら、SOFCでは燃料電池セルスタックにセラミックスを利用するため、精密なセラミックス材料加工技術が要求されます。このため、これまでは家庭用SOFCの技術開発にはかなりの時間が必要であろうと思われてきました。また、作動温度が高い(技術開発当初:約1000℃)ので、予熱が必要なために起動時間が長く、体積当たりの出力密度が低いという欠点もありました。セラミックス材料加工技術の進歩で、耐衝撃性を向上させ、電解質の薄膜化(10μm以下)などにより、現在では作動温度の低温化(当初:約1000℃→現在:約700℃)が可能になっています。

 前述の通りSOFCの発電効率は45~55%と、最新鋭火力発電所並みに高いのが特徴です。ですから、電力消費量の多い家庭では、まだ発電効率の低い「エコウィル」(1kWガスエンジンコジェネレーションシステム)や、ライバルのPEFCよりも発電効率の高いSOFCの方が適しています。

 SOFCの電解質材料として最も多く使われているのは、金属酸化物「イットリア安定化ジルコニア(YSZ)」で、金属のジルコニウム(Zr)酸化物に、希土類のイットリウム(Y)が添加されたものです。

 イットリア安定化ジルコニア(YSZ)を使う場合、通常では作動温度が800~1000℃になり、周辺部材には耐熱性の高い金属が必要になります。金属は高温で酸化するため、一般的なステンレス(SUS)では、SOFCの部材としては不十分です。現状のままでは酸化を防ぐ銀(Ag)を表面に添加するなどの加工を施した、高価なステンレスを使わざるを得ません。そこで、より汎用的なステンレスを使うべく、作動温度を低温化する研究が進められています。

 それでは、日本企業のSOFC技術開発動向に注目してみましょう。

SOFCに取り組む日本企業の技術開発状況

 前編でご紹介したように、SOFC技術開発のブレークスルーは、1980年代にウェスチングハウスによってなされました。基本的な材料を選定しただけでなく、製膜方法(電気化学的蒸着法:多孔体に緻密な薄膜を形成)を開発して、円筒縦縞型シールレス構造を考案し、SOFCスタックを製造することに成功し、その性能を実証しました。

 日本では公的研究機関の先導で、欧米を追従するSOFCセルスタックの開発が行われ、1980年代後半には三菱重工業に技術移転されましたが、これは大規模発電を意識したものでした。

 技術開発の紆余曲折を経て、2000年ごろからいよいよ「家庭と自動車を意識した小型化に焦点を当てた技術開発」が始まりました。

 そこで、2000年以降に出願された日本特許のうち、家庭用SOFCを意識した技術開発を進めている日本企業の技術開発動向に注目してみたいと思います。

 図1に、「SOFCプロジェクトの2010年度実証試験サイト一覧」に示されているシステム企業名、およびシステム企業と連携している企業名を整理してみました。

図1 SOFCプロジェクトの2010年度実証試験サイト一覧図1 SOFCプロジェクトの2010年度実証試験サイト一覧

 「SOFCプロジェクト」の2010年度実証サイト一覧に登場する企業のうち、製品化を果たしたJX日鉱日石エネルギーと、そのJX日鉱日石エネルギーにSOFCセルスタックを提供している京セラ、さらには各システム企業を支えているセラミックス系企業の特許出願件数推移に注目してみましょう。

より深く知的財産管理を学ぶには?:「知財マネジメント」コーナーへ

知財マネジメントの基礎から応用、業界動向までを網羅した「知財マネジメント」コーナーでは、知財関連の情報を集約しています。併せてご覧ください。

「知財マネジメント」コーナー「知財マネジメント」コーナーへSOFCに取り組む日本企業の技術開発状況を検証する仮想通貨カジノパチンコau カード の ポイント

パチンコ 生活 ブログk8 カジノ新型「デミオ」が“最高燃費”へ、1.5lクリーンディーゼルを搭載仮想通貨カジノパチンコ懐かし の パチンコ 台

パチンコ 生活 ブログk8 カジノ新型「デミオ」が“最高燃費”へ、1.5lクリーンディーゼルを搭載仮想通貨カジノパチンコ懐かし の パチンコ 台

パチンコ 生活 ブログk8 カジノ新型「デミオ」が“最高燃費”へ、1.5lクリーンディーゼルを搭載仮想通貨カジノパチンコ懐かし の パチンコ 台

パチンコ 屋 口コミk8 カジノ クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」の外観

シーサ パチスロ マツダは2014年6月10日、新世代技術「SKYACTIV」を採用した排気量1.5l(リットル)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を開発したと発表した。SUV「CX-5」や「アテンザ」、「アクセラ」などに搭載している、排気量2.2lのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と同様に、高コストのNOx(窒素酸化物)後処理装置を使わずに、国内のディーゼルエンジン搭載車に対する排気ガス規制「ポスト新長期規制」をクリアできたことから、現在開発中の新型「デミオ」に搭載して国内市場で販売する計画だ。

 SKYACTIV-D 1.5は、SKYACTIV-D 2.2と同様に圧縮比を低減することによって理想の燃焼を追求したクリーンディーゼルエンジンだ(関連記事:段違いのクリーンディーゼルだから国内市場でも受け入れられる)。一般的なコモンレールシステムを搭載するディーゼルエンジンの圧縮比は16程度だが、SKYACTIV-D 1.5は圧縮比を14.8まで低減している。ただし、SKYACTIV-D 2.2の圧縮比である14よりも少し高い。

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」の外観クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」の外観(クリックで拡大) 出典:マツダ

 SKYACTIV-D 1.5では、SKYACTIV-D 2.2と比べて追加採用した技術が4つある。1つ目は、高分散噴霧のソレノイドインジェクターと段付きエッグシェイプピストンである。これらによって火炎の壁面接触低減と過渡燃焼制御技術を実現し、冷却損失を抑制した。

 2つ目は、高圧EGR(排気ガス循環)&低圧EGRシステムだ。これによって均質リーン化領域を拡大し、燃費性能や出力性能を高めた。

 3つ目は、エンジン冷却システムへの冷却水制御バルブ(CCV)やウォータージャケットスペーサーの採用で、燃焼効率改善と機械抵抗低減につなげた。

 4つ目として挙げられるのが、吸気管一体式水冷インタークーラーである。これによって、加速の反応性と過給効率を向上した。

 SKYACTIV-D 1.5の最高出力は77kW(4000rpm)で、最大トルクは250Nm(1500~200rpm)。排気量が1.5lと小さいにもかかわらず、「排気量2.5lのガソリンエンジン並みのトルクフルな走りと、高回転までリニアに加速する優れた動力性能を実現した」という。

「SKYACTIV」全部入りで内燃機関搭載登録車で最高燃費を目指す

 新型デミオでは、このSKYACTIV-D 1.5の他、アイドルストップシステム「i-stop」や減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」、高効率の自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」やマニュアル変速機「SKYACTIV-MT」など、これまで発表しているSKYACTIV技術の多くを搭載する予定。それによって、「ハイブリッド車、軽自動車を除く、内燃機関搭載車として最高のモード燃費と大幅な実用燃費の改善を図り、全てのお客様に走る歓びと優れた環境、安全性能を届ける」としている。

 なお同社が2014年3月開催の「第84回ジュネーブ国際モーターショー」で発表した小型車のコンセプトカー「マツダ跳(HAZUMI)」も、SKYACTIV-D 1.5を搭載していた。マツダ跳のデザインが、新型デミオ(海外名:Mazda 2)のベースになるという意見も多い。

「マツダ跳」の外観(クリックで拡大) 出典:マツダ関連キーワードSKYACTIV | クリーンディーゼル | マツダ | コンパクトカー | エコカー仮想通貨カジノパチンコau ナビ ウォーク navitime 違い

遊技k8 カジノ日立、高度な稼働管理を行う植物工場生産支援クラウドサービスを提供仮想通貨カジノパチンコwifi ポケット レンタル

遊技k8 カジノ日立、高度な稼働管理を行う植物工場生産支援クラウドサービスを提供仮想通貨カジノパチンコwifi ポケット レンタル

遊技k8 カジノ日立、高度な稼働管理を行う植物工場生産支援クラウドサービスを提供仮想通貨カジノパチンコwifi ポケット レンタル

コイン チェック 仮想 通貨 購入k8 カジノ

iron 仮想 通貨 日立製作所は2014年5月29日、「植物工場生産支援クラウドサービス」の提供を開始すると発表した。植物工場内の生育環境データや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで「見える化」するとともに、生育環境や栽培設備の遠隔制御も可能にする。

 近年、野菜などの植物を計画的に生産するため、植物の生育環境を適正に制御できる植物工場での生産が拡大している。それに伴い、管理の効率化や、データ分析による生産の高度化などを可能とするサービスが求められているという。

 同サービスでは、各種のセンサー機器から植物工場内の光・温度・湿度・二酸化炭素濃度・養分・水分などの生育環境データや、細霧冷房や養液ポンプなどの栽培設備の制御データを同社独自のデータ収集・制御装置である「Farm Gate Way装置」(以下、FGW装置)に収集。リアルタイムでモニター画面に表示する他、生育環境データを収集するセンサー機器や、栽培設備の設定値の制御を遠隔で指示することもできる。

 また、収集した全データをデータベースに蓄積し、BI(Business Intelligence)ツールを活用して分析・評価することも可能。生産管理や経営視点での意思決定に役立つという。

photo植物工場生産支援クラウドサービスの概要図

 価格は、標準構成で月1万8000円。管理データの種類や数、植物工場の広さなどによって価格は異なり、初期費用として環境設定費用やFGW装置の購入・設置費用などが別途必要となる。同サービスは、既にグランパが開発したエアドーム型植物工場に採用され、各ドームへのサービス提供は6月1日より順次開始する。

エレクトロニクスとITは農業をどう変えるのか――「植物工場/スマートアグリ」コーナーへ「植物工場/スマートアグリ」コーナー新たな農業の形とは?

植物工場、ハイテク施設園芸……。製造業のノウハウを活用し、農業が新しく生まれ変わろうとしている。新たな農業のカタチはどう変化していくのでしょうか。

「植物工場/スマートアグリ」特集では、エレクトロニクスやITを活用した新たな農業の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。

関連キーワード工場 | 植物工場 | 野菜 | 日立製作所 | 製造業 | 製造ITニュース仮想通貨カジノパチンコj リーグ 100 年 構想 クラブ

ガッツだ!!森の石松k8 カジノMicron、PCIe Gen4データセンター向けのU.3 SSD 最大30TBモデルを用意仮想通貨カジノパチンコzaif 電話 番号

ガッツだ!!森の石松k8 カジノMicron、PCIe Gen4データセンター向けのU.3 SSD 最大30TBモデルを用意仮想通貨カジノパチンコzaif 電話 番号

ガッツだ!!森の石松k8 カジノMicron、PCIe Gen4データセンター向けのU.3 SSD 最大30TBモデルを用意仮想通貨カジノパチンコzaif 電話 番号

bet365 virtualk8 カジノ

ポーカー の プロ 米Micron Technologyはこのほど、データセンター向けNVMe SSD「マイクロン9400 NVMe SSD」を発表、チャネルパートナー/OEMカスタマー向けに提供を開始した。

photoマイクロン9400 NVMe SSD

 U.3フォームファクターに対応したNVMe SSDで、PCIe Gen4による高速転送に対応。176層3D TLC NANDフラッシュを採用、4Kランダムリード時で160万IOPSを実現した。容量ラインアップは6.4TBモデルから30.72TBモデルまで取りそろえている。

関連キーワードSSD | NVMe | Micron | データセンター仮想通貨カジノパチンコ七夕 スロット

シンプル カジノ 入金 不要 ボーナスk8 カジノ冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!仮想通貨カジノパチンコおすすめ スロット 店

シンプル カジノ 入金 不要 ボーナスk8 カジノ冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!仮想通貨カジノパチンコおすすめ スロット 店

シンプル カジノ 入金 不要 ボーナスk8 カジノ冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!仮想通貨カジノパチンコおすすめ スロット 店

5 月 の パチンコ 新台k8 カジノ

パチスロ 6号機 105 80 そろそろ年末、ということで、学生を中心に冬休みに何をしようと思いをはせているかもしれない。PC USERとしては是非、PCゲームを楽しんでもらいたいものだが、コンシューマーゲーム機と違ってゲーミングPCはそこまで気軽に買えるものではない。それでも、コスパがよく、それでいて存分に楽しめるゲーミングPCはある。ここでは10万円台前半で購入できるG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」を紹介しよう。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C

 ゲーミングPCブランド「G-Tune」のデスクトップPCでは、ケースのサイズが小さい順に、「LITTLEGEAR」「NEXTGEAR-MICRO」「NEXTGEAR」「MASTERPIECE」がある。PCの標準サイズであるATXミドルタワーはNEXTGEAR。今回紹介するNEXTGEAR-MICROはそれよりもコンパクトで置き場所に苦労しないケースだ。

 PCでいうケースサイズは拡張性とも深い関係にあり、ゲーミングPCブランドであるG-Tuneの場合、ゲームにおける最重要パーツのグラフィックスカードやCPUに関してはどれも柔軟に選択できる。ここでの拡張性とは主にメモリやストレージ、グラフィックスカード以外に用いる拡張カードスロットと捉えればよい。

本体前面、背面

 NEXTGEAR-MICROシリーズは、先にも指摘した通り、ATXミドルタワーよりもコンパクトで、デスクの上に置くこともできるし、デスク横の少し低めのキャビネットに置けば通気性もよくなり最適といったサイズ感だ。ミドルタワーよりもレイアウトの自由度が高い。それでいてmicroATXマザーボードを採用していることから、グラフィックスカードとは別に拡張カードも搭載できる。昨今、周辺機器の多くがUSB接続で賄えるようになったため、拡張カードを挿す機会も少ないが、何かのために1スロット用意できていれば安心感がある。そんな点から、G-Tuneの本命といってよいシリーズだ。

microATXマザーボードを採用しており、内部空間に余裕がある

 PCは外観も重要な要素だ。ゲーミングPCというと、派手な外観をイメージしがちだが、NEXTGEAR-MICROの外観はあえてそうしていない。ケースはマットブラックで、角をカットしている他は凹凸も少なく、いわゆるスタンダードなボックス型である。これは実際に国内のゲーマーを対象に行ったアンケートから得られたフィードバックとのことだ。LEDなどで装飾した派手なPCは、YouTuberなど配信を行うユーザーにはよいが、配信をするわけではない普段のゲームに用いるPCではスタンダードで落ち着きのある外観の方が室内にもマッチしやすい。

 他にも、フラットでモノが置ける天板や、前面から利用できるHDMI端子を用意するなど、ゲーマーニーズをくみとっている。また、要不要の分かれる部分、例えばスリム光学ドライブやLEDイルミネーション用のクリアサイドパネルなどは、オプションとして用意することで対応可能としている。

どこに置いても手の届きやすい前面上部にインタフェースを搭載。HDMI端子が前面にあるのがユニークで、ヘッドマウントディスプレイなどを接続しやすいサイドパネルのネジ2本で側板を取り外せる。このネジは緩めても外れないので紛失のおそれがないミドルレンジパーツの“渋いチョイス”で抜群のコスパを実現

 ゲーミングPCを購入する場合、どのブランドのものを選ぶか決めた後も、主にプレイしたいゲームタイトルに合わせてスペックを考える悩みがある。特にゲーミングPCではCPUやグラフィックスカードなどで価格が大きく変動する他、およそ1年毎に新世代のCPUやグラフィックスカードが登場する。

 基本的にゲーミングPCはコンシューマーゲーム機の数倍の本体価格だ。コスパにこだわる方は、賢く構成を選ぶ必要がある。将来を見据えたオーバースペックよりも、今存分に楽しめる十分なスペックを選ぶ方がいいことも多い。

 ここでNEXTGEAR-MICROの数あるモデルの中から、「im610SA1-C」をピックアップした理由を紹介しよう。NEXTGEAR-MICRO im610SA1-CのCPUは、Core i5-8500だ。Core i5というと、上位のCore i7でなくて大丈夫かと指摘されるが、ちょうど今IntelとAMDがコア数を増やす競争をしており、Core i5-8500は従来のCore i5の4コアから6コアに増えている。

CPUはIntel Core i5-8500を採用。今やi5も6コアとなり、最大クロックも4GHzを超える

 多くのゲームの推奨環境が4コアであるのに対し、最新の6コアなら余裕もある。そして動作クロックもTurbo Boost時で最大4.1GHzに達するので、3GHz台のCPUと比べればこちらも十分なスペックだ。

CPU-Zの画面。安定動作が重要なゲーミングPCなので、オーバークロックができる「K」付きの高価なCPUでなくとも問題ない

 グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)を搭載している。このGPUの特徴としては、ターゲット解像度がフルHD(1920×1080ピクセル)、画質としては中~高画質あたりだ。4Kで楽しみたい、最高画質を常用したいとなるとより上位のGPUを狙う必要はあるものの、こちらは価格が跳ね上がる。

GPUにGeForce GTX 1060(3GB)を採用するグラフィックスカードを搭載。カードを固定する「グラフィックスカードホルダー」もある

 PCゲームの世界を味わうことができ、かつバランスのよい価格ということではGeForce GTX 1060は鉄板構成といってよい。このように、PCパーツの中でも比較的高価なCPUとGPUでミドルレンジを選択することにより、im610SA1-Cはコストパフォーマンスを極めている。

GPU-Zの画面高解像度・高品質のゲームプレイやネット配信も視野に入れるなら

 4Kならもっと上位のGPUを、と言及したが、NEXTGEAR-MICROにも幾つかのモデルバリエーションがあり、搭載できるGPUの組み合わせは幅広い。

 4K狙いの場合は、ここで紹介するim610シリーズの1つ上、im620シリーズを選ぶのがオススメだ。im620シリーズは同じNEXTGEAR-MICROのケースだが、チップセットがIntel Z390となり、CPUでは最新のCore i9-9900K、GPUでは最新のNVIDIA GeForce RTX 2000シリーズが搭載可能になっている。

 Core i9-9900Kは8コア。ここで紹介してきたCore i5-8500よりもさらにコアが増え、Hyper-Threadingに対応してCPUコア数の倍の16スレッドを同時に処理できる。またGeForce RTX 2000シリーズは、グラフィックスカード単品でも10万円以上の高価なGPUだが、リアルタイムレイトレーシングという次世代のグラフィック表現に対応しており、「Battlefield V」を皮切りに今後タイトルが登場してくる予定だ。

 その他にも、およそゲーミングPCでは15万円という予算が1つのボーダーといわれることが多い。ゲーミングPCは性能を突き詰めれば青天井で、60万円、100万円といくらでも高価になる。15万円というのは決して安価ではないが、ゲームの他にもさまざまなことに使える高性能PCとして考えれば現実的なライン。その上でさらにコスパを追求するのがim610SA1-Cだ。採用するマザーボードも、比較的安価で機能・信頼性とのバランスのとれたモデルを採用している。

 具体的にはマザーボード上のチップセットに注目だ。Core i5-8500が利用できるチップセットは幾つかあり、例えば、最高の拡張性を求めるならばIntel Z390、一方でとにかくコストを抑えたいならIntel H310といった具合だ。

 im610SA1-Cのマザーボードが搭載しているのはIntel B360チップセット。Intel H310を採用すればもっと価格を抑えられるが、引き換えに拡張性やパフォーマンスに制約がつく。パフォーマンスというのは、CPUとチップセットの間、チップセット側のPCI Expressバスの転送速度。そしてこの制約はIntel H310のみのものであり、Intel B360は拡張性という点でIntel Z390と比べて劣る点はあるが、定格運用時のパフォーマンスではIntel H310のような制約がない。こうしたスペックの目利きは、長年に渡りBTOパソコンを提供し続けているG-Tuneならではだ。

Intel B360チップセット搭載マザーボードを採用することでパフォーマンスを引き出しつつ価格を抑えているCrystalDiskInfoの画面。ストレージはSSDとHDDの組み合わせ。双方極端に容量が小さいこともなく、システム、ゲームデータともに実用的な選択だ実際にゲームをプレイしてみる仮想通貨カジノパチンコマルハン 三島

江頭 2 50 パチンコk8 カジノMSI、Core i9+GeForce RTX 2080を搭載したスリムゲーミングPC「Trident X」仮想通貨カジノパチンコsbi vc 出 金 口座 登録 できない

江頭 2 50 パチンコk8 カジノMSI、Core i9+GeForce RTX 2080を搭載したスリムゲーミングPC「Trident X」仮想通貨カジノパチンコsbi vc 出 金 口座 登録 できない

江頭 2 50 パチンコk8 カジノMSI、Core i9+GeForce RTX 2080を搭載したスリムゲーミングPC「Trident X」仮想通貨カジノパチンコsbi vc 出 金 口座 登録 できない

cfd ビット コインk8 カジノ

akb パチンコ 誇り の 丘 台湾MSIは12月6日、スリム筐体を採用したハイスペックゲーミングPC「Trident X」を発表、12月15日に発売する(12月7日から予約受け付けを開始)。予想実売価格は34万9800円だ(税別)。

photoTrident X

 本体サイズ129.74(幅)×382.73(奥行き)×396.39(高さ)mmの省スペース筐体を採用するゲーミングPCで、コンパクトモデルながらCPUとしてCore i9-9900Kを、グラフィックスカードとしてGeForce RTX 2080を標準装備したハイスペック構成を実現しているのが特徴だ。

 本体前面およびCPUクーラー、グラフィックスカードにはLED発光ギミックを内蔵、強化ガラス製サイドパネルも付属している。

 メモリは32GB、ストレージは512GB M.2 SSD+2TB HDDを内蔵。インタフェースはギガビット有線LAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2、USB 3.1、HDMI/DisplayPort出力などを利用可能だ。

photophoto関連キーワードゲーミングPC | MSI | スリム | Core i9 | GeForce | 省スペース仮想通貨カジノパチンココリン チャンス サポーター

アワ ファイヤー キャンドル スタンドk8 カジノ3Dプリンタ「FORTUS」のドライバに新版が登場、造形時間の短縮が可能に仮想通貨カジノパチンコ愛知 県 パチンコ おすすめ

アワ ファイヤー キャンドル スタンドk8 カジノ3Dプリンタ「FORTUS」のドライバに新版が登場、造形時間の短縮が可能に仮想通貨カジノパチンコ愛知 県 パチンコ おすすめ

アワ ファイヤー キャンドル スタンドk8 カジノ3Dプリンタ「FORTUS」のドライバに新版が登場、造形時間の短縮が可能に仮想通貨カジノパチンコ愛知 県 パチンコ おすすめ

fifa world cup results 2021k8 カジノ

渋谷 スロット 館 丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は2014年6月16日、米国ストラタシス社製3Dプリンタ「FORTUS」シリーズのドライバソフト「Insight」が、「Ver. 8.1.1」から「Ver. 9.1」にアップグレードされたと発表した。MSYSと対象機種(FORTUS 250mc/FORTUS 360mc/FORTUS 400mc/FORTUS 900mc)の保守サービスを契約しているユーザーには、アップグレードについての案内が同社の担当者から個別に行われる。

 FORTUSシリーズは、FDM(熱溶解積層)方式で3次元モデルを造形する3Dプリンタ。今回のInsightのアップグレードにより、「Use Model Material」や「Stabilize Wall」といった新機能が追加され、ユーザビリティの向上や造形時間の短縮が可能になったという。

Use Model Materialで造形時間を短縮

 FDM方式の3Dプリンタは、造形物自体を形成するモデル材と空間部分を支えるサポート材を射出し、層を積み重ねるように造形を行う。造形中にこれら2種類の材料を射出するため、ノズルを切り替える際に待機時間が発生する。新機能のUse Model Materialは、従来サポート材で造形されていた部分に、モデル材を使用することができる機能だ。これにより、モデル材で連続して造形することで、射出ノズルの切り替え回数と待機時間が削減でき、造形時間の短縮が可能になった。

MSYSが材料にABS Plusを用いて検証用に造形したモデル。全体の造形時間がUse Model Material機能を利用しない場合は4時間44分だったのに対し、使用した場合は2時間44分に短縮されたという(クリックで拡大)出典:丸紅情報システムズStabilize Wallで造形時間とコストを削減

 3Dプリンタで厚みの薄い立壁など、不安定な形状のものを出力する場合、それらが倒れないようにサポートする部分を造形する必要がある。Stabilize Wallは、そのサポート部分を三角柱を並べたような中空構造で造形し、また、材料にサポート材ではなくモデル材を使用できる機能だ。これにより、サポート材とモデル材の射出切り替え回数を減らすことで造形時間が短縮できる。また、サポート材の使用量を抑えられることから、コストの削減も期待できるという。

MSYSが材料にABS-M30を用いて検証用に造形したモデル。全体の造形時間が、Stabilize Wall機能を利用しない場合は144時間56分だったのに対し、使用した場合は99時間45分に短縮されたという(クリックで拡大)出典:丸紅情報システムズモデル材内部の中空形状パターンの新種類が登場

 モデル材内部の中空形状パターン「スパーズ」に、新たに3つの種類が追加された。重量と密度を減らしつつ、強度を確保することができ、使用用途としてはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)用溶解コアなどが挙げられるという。また、既存の形状パターンと同様に、モデル材使用量と造形時間削減の効果が期待できるとしている。

モデル材内部の中空形状パターン「スパーズ」に新たに追加された3種類の形状(クリックで拡大)出典:丸紅情報システムズ

 今回のアップグレードで追加されたその他の新機能は、以下の通り。

その他の追加機能Circular SMART supports:Circular SMART supportオプションをSupport Parameterに追加。高く狭いサポート材部分を安定させるため、徐々に円形になるよう形状を変更させていく機能STL thumbnail images:STLファイルのサムネイルイメージを表示する機能Sacrificial tower:自動的にSacrificial tower(ダミー)を追加するオプションをPackメニューに搭載Estimate pack:pack画面上のデータの造形時間と材料使用量を予想するEstimateボタンをPackタブ画面に追加Windows 8に対応:対応OSにMicrosoft Windows 8 Pro、Enterpriseが追加関連キーワード丸紅情報システムズ | 3Dプリンタ | 新機能 | 設計仮想通貨カジノパチンコアメトーーク 見逃し ユーチューブ

j sports オン デマンドk8 カジノフィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線仮想通貨カジノパチンコアクエリオン 3 パチンコ

j sports オン デマンドk8 カジノフィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線仮想通貨カジノパチンコアクエリオン 3 パチンコ

j sports オン デマンドk8 カジノフィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線仮想通貨カジノパチンコアクエリオン 3 パチンコ

仮想 通貨 コイン チャートk8 カジノ

上野 スロット 優良 あなたは日々どれくらいの時間、液晶ディスプレイの画面を眺めることに費やしているだろうか。パソコン、テレビ、スマートフォン――現代人の生活において、様々な情報をやり取りするITデバイスは必要不可欠なものとなっている。そしてそのほとんどは、ディスプレイの“窓”を通じて行われる。デスクワークが主体のビジネスマンなら、起きてる時間のほとんどは何らかのディスプレイを見ているかもしれない。

 このようなディスプレイを持つコンピュータを使った作業はVDT(Visual Display Terminal)作業とも呼ばれ、不適切なVDT作業管理下で引き起こされる心身の症状を「VDT症候群」と総称する。ドライアイや充血、視力低下、眼精疲労といったテクノストレス眼症と呼ばれる目の症状をはじめ、肩こりや腰痛などの体の症状や抑うつや不眠といった心の症状など、VDT症候群という名前を知らない人でも症状自体はおなじみのものばかりだ。

「VDT症候群」はテクノロジーの進化が引き起こした新たな社会問題だ

 厚生労働省はVDT作業者の心身の負担を軽減するため、2002年に「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を策定している。ガイドラインの内容は作業環境管理、作業管理、健康管理、労働衛生教育などだが、策定から15年が経過した現在では実態にそぐわなくなっている部分も出てきている。

厚生労働省「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/04/h0405-4.html)。主に職場でのPC作業を意識したものだが、職場に限らず有用な内容だ

 その最たるものが作業時間管理だ。ガイドライン序文には「誰もが職場においてVDT作業を行うようになり、VDT機器を使用する者が急速に増大している」とあるが、今やスマートフォンの普及率は72%超(2016年7月、マーケティングリサーチキャンプ調べ)。地下鉄でも途切れることなく利用できるインフラの充実もあって、職場どころか自宅、ベッドの中、電車の中と、あらゆるところでVDT機器を見つめている。

 ガイドラインでは「連続一時間以上作業しない」「連続作業と連続作業の間に10~15分の作業休止時間を設ける」と書かれているものの、現在では一時間ごとに10分の休憩を入れたとしても、その休憩時間にスマートフォンをいじってしまうのではないだろうか。

 時代の流れとともにディスプレイを見つめる時間が長くなる――この傾向はもはや変わりようがない。だからこそ、これからは長時間見つめていても負担の少ないディスプレイがより重要になってくるのだ。

フィリップスのディスプレイはブルーライトカットをはじめとする先進技術が搭載されている。今回はPhilipsソフトブルーテクノロジーを搭載した23型フルHD液晶ディスプレイ「234E5EDSB/11」を試した

 こうした問題に対して、最近はディスプレイメーカー側から疲れ目を軽減するための取り組みも行われている。例えば、画面のちらつき防止機能や、特に影響が大きいとされている短波長の光(青色光)をカットする機能、また大画面ディスプレイでも視線移動を極力抑える曲面パネルを用いたディスプレイが知られている。

 なかでもフィリップスは「Philipsソフトブルーテクノロジー」と呼ばれる先進的なブルーライトカット機能をはじめ、利用者の目に優しい技術に積極的に取り組んでいるメーカーだ。ここでは23型フルHDディスプレイ「234E5EDSB/11」を例に、“疲れ目対策ディスプレイ”の最先端を紹介しよう。

ブルーライトをカットしても色が変わらない!? 「Philipsソフトブルーテクノロジー」の秘密

 目に負担をかける問題の1つとして、昨今注目を集めているのが高エネルギー可視光線、いわゆるブルーライトだ。波長280~400nmの紫外線が目にダメージを与えることは以前から知られていたが、それよりも波長の長い可視光であるブルーライトであっても目に与える影響が大きいと言われている。これらは白色LEDにも含まれており、ディスプレイからも放射されている。

 最近はブルーライトをカットする眼鏡やフィルタがあるものの、ブルーライトのやっかいなところは可視光、しかも特定の色調であるということだ。青色がカットされればその補色となる黄色が強く表れる。画面の輝度が下がるだけでなく、色合いまで変わってくるとなると、用途によって付け外しをしなくてはならず、常時利用には難があると言わざるを得ない。事務作業のみでカラーバランスなど気にしない、という用途であればともかく、写真や画像、動画などの再現性が低くなるのであればいくら色域カバー率が高いディスプレイを使っても本末転倒だ。

 そこでフィリップスが注目したのが、ブルーライトの波長だ。ブルーライトが目にダメージを与えるのは大きなエネルギーを持つ光であるからだ。そして、波長が長ければ長いほど、エネルギーは小さくなる。同じ青であってもより緑色に近く、波長の長い青であればその分、エネルギーは小さくなる。

 フィリップスの234E5EDSB/11に搭載されているPhilipsソフトブルーテクノロジーは、青色波長のピークを通常の444nmから460nmにシフトする。それによって目への影響が大きいとされる450nm以下の波長の光を90%も削減することに成功している。また、それに合わせたカラーマネジメントを行うため、見た目上の輝度も色合いも変わらない。単なるカットではなく、使う光の波長をずらす、そしてそれに合わせて調整する、という今までにないアプローチで、本来不可能だと思われていたブルーライトの削減と輝度・色合いの維持を両立させた新しい技術だ。

フィリップスのソフトブルー技術は青色波長のピークをシフトすることでダメージの大きい短波長青色光を減らす

 実際にソフトブルー技術を搭載したディスプレイを測定した結果が次の資料だ。ソフトブルー技術が他社とは一線を画す、重要な次の3つのポイントが読み取れる。

他社ブルーカット技術との比較。Philipsソフトブルーテクノロジーは380~450nmのブルーライトを90%カットしても輝度・色温度の変化が小さいままであることが分かる1、輝度がほとんど変わらない

 他社のブルーライトカット技術では輝度が元の26~57%にまで下がってしまうのに対し、ソフトブルー技術では98%と、ほぼ元の水準を維持している。

2、色温度がほとんど変わらない

 他社のブルーライトカット技術では数百~数千度の単位で色温度が大きく変化してしまうのに対し、Philipsソフトブルーテクノロジーでは61度しか変化しない。他社でも変化を抑えたモードもあるものの、ブルーライトのカット率を上げると急激に色温度の変化が大きくなる。

3. 短波長青色光の比率が極端に低い

 他社のブルーライトカット技術では、ブルーライトカット機能のオン・オフで全体に対する380~450nmの短波長青色光比率は41~44%でほぼ変わらない。ソフトブルー技術を搭載したディスプレイではもともと12%と、他社の約4分の1しか含まれていない上に、Philipsソフトブルーテクノロジーを有効にするとそれが6%未満にまで半減する。

 フィリップスのPhilipsソフトブルーテクノロジーが安易なブルーライトカットではなく、色合いや輝度を維持し、普段から意識せずに常用できることに注力したものであることがよく分かるはずだ。

目の負担を軽減するフリッカーフリー仮想通貨カジノパチンコアプリ を 入れ なく て も できる ゲーム

仮想 通貨 柴犬k8 カジノホンダがエンジン開発に注力する理由仮想通貨カジノパチンコ劇場 版 ま ど マギ パチンコ アプリ

仮想 通貨 柴犬k8 カジノホンダがエンジン開発に注力する理由仮想通貨カジノパチンコ劇場 版 ま ど マギ パチンコ アプリ

仮想 通貨 柴犬k8 カジノホンダがエンジン開発に注力する理由仮想通貨カジノパチンコ劇場 版 ま ど マギ パチンコ アプリ

number 次号 予告k8 カジノ

パチスロ 4号機 爆釣 東京ビッグサイトで開催されている技術展示会「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2014」の2014年7月23日の基調講演では、本田技術研究所 常務執行役員の大津啓司氏が「Hondaの未来の車創りと研究開発への取り組み」というテーマで講演を行った。同氏は現在の自動車業界と環境問題の関係や、新技術の方向性、ホンダの技術研究開発への取り組みについて語った。

自動車メーカーと環境問題の関係性本田技術研究所 常務執行役員の大津啓司氏

 地球温暖化や大気汚染などの環境問題への対策として、自動車メーカーは日々クリーンエネルギーに関する多くの新技術の開発を迫られている。日本では環境問題への対策の一環として、燃費性能の優れた車両に対して優遇税制を敷くシステムがとられている。大津氏は、「この優遇税制の基準が年々厳しくなっているため、国内自動車メーカーは短期間で性能を高められるような新技術を開発する必要に迫られている」と語る。

 ホンダを含む国内自動車メーカー各社は、環境へ配慮したハイブリッド車や燃料電池車、電気自動車などの開発に注力している。しかし大津氏は、「現時点で最も普及しているガソリンエンジンなどの内燃機関を搭載する車両からの移行を進めるには、まだまだ乗り越えなければならない難題が多い」と説明する。例えば水素を燃料とする燃料電池車の場合、都市部では1台5億円ともいわれる水素ステーションの設置にかかる高額な設備投資を、当初は販売台数が限られるであろう燃料電池車への水素補充による収益で回収できるのかといった問題がある。大津氏は電気自動車についても「充電インフラの整備、モーターや電池のサイズと価格のバランス、走行距離の問題など、まだまだ『負のループ』から抜けられない状況が続いている」としている。

今後も伸びる内燃機関車市場、メーカー側の対策とは

 このように、燃料電池車や電気自動車の普及に関して課題が残る中、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンといった内燃機関を搭載する車両の販売台数は増加傾向にある。2030年には、内燃機関車の世界市場規模は現在の約1.4倍となる3400万台に達すると予測されている。大津氏はこうした状況を受け、「自動車メーカーがCO2排出量の削減に貢献するためには、『内燃機関の効率化』への注力がより重要な鍵になる」と主張する。

 同氏によれば、石炭や石油といった1次エネルギーの採掘から車両の燃料として提供されるまでのエネルギーサイクルの環境負荷を分析する「Well to Wheel」の観点から見た場合、内燃機関の熱効率を一定のレベルまで到達させると、理論的には電気自動車よりも内燃機関車の方が環境負荷が低くなるという。

「手戻りのない」開発環境を目指して

 ホンダはそういった状況を受け、2012年からエンジンやパワートレインなどに同社が「Earth Dreams Technology」と呼ぶ「運転する楽しさと世界トップクラスの燃費を両立させる」ための新技術を導入している。また、ホンダはこうした技術や製品の開発を「手戻りなく」効率的に行うため、これまで経験ベースだった開発手法をモデルベース開発へと移行させているという。さらに大津氏は「ホンダはこれまでに販売してきたエンジンなどの製品データを標準化させ、次の開発でデータの再利用が行えるようにしている。その場合、計測条件や測定ポイントなど、データを保存する際のルールを統一することが重要」と開発設計の効率化について語った。

 また、日本の自動車メーカーの共同技術研究の動きについても触れられた。日本では2014年4月に国内自動車メーカー8社が協力し、共同技術研究組合「AICE」を結成しており、大学との共同研究や人材の育成を行っているという(関連記事:熱効率50%の達成が目標、国内自動車メーカー8社がエンジン技術を共同開発)。大津氏は「欧州では、各自動車メーカーに共通する技術に関してはメーカー同士が協力して研究開発を行っている。自動車産業は日本の産業の中核であり、今後も日本経済をけん引していくためには企業同士の協力や産学官の連携が必要」と話す。また、同氏は「近年日本の自動車メーカーが、研究開発を海外のコンサルティング企業に委託するケースが増えている。これは研究開発の過程で得られるノウハウを失うことになり、結果的に日本の技術力の低下につながる可能性があるのではないか」と指摘した。

関連キーワード自動車 | TECHNO-FRONTIER 2014 | エンジン | 本田技研工業 | 東京ビッグサイト | エコカー | ディーゼル | 電気自動車 | 燃料電池車仮想通貨カジノパチンコ61 クレスタ ヤフオク

業界連盟:k8 カジノ オンカジ エルドア k8 カジノ 無料 パチンコ アリア 新台 k8 カジノ パチンコ k8 カジノ パチンコ k8 カジノ パチンコ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap